toggle
chakra blog
2018-11-14 | colum

お伊勢参りへ行ってきました

11月6日。
初めて山伏さんにお会いできると
星野先達のお話を伺いに、遊志庵へ。

こころに響き渡り、
その流れにのって、
11日はお伊勢参りに行くことに。

星野文紘さんとの対話/いのちは「感じる」こととともにある
↑templeさんのHPより


11月11日と12日、人生初のお伊勢参り。

あんまり幸せな時空だったもので、、連日参拝。

伊勢は天気に恵まれ、本当に心地のよい2日間でした。

美し国、日本に感謝。
ありがとうございます😊

大分から伊勢へは、
別府観光港から大阪南港へ出航している
サンフラワーに夕方乗船し、朝方到着。
そこから地下鉄を乗り換え、近鉄電車で伊勢へ。

弾丸フェリーという行き帰り2泊をフェリーで、、
というコースが格安なんですけど、今回は初の伊勢参り。
なので、1泊は伊勢にお宿をとってゆっくりしました。

遠いようで、近く。
近いような、遠さ。

しかし、昔からお伊勢参りが脈々と続いていて、
式年遷宮により、2000年も昔から祭祀が続いている社。

清々しさと美しさに、
またのお参りを心に念じました。

2018-10-26 | info

11月の茶蔵/営業日のお知らせ

急に秋めいて、肌寒くなってきましたね〜。
10月はひたすら働いて、とはいえ
茶蔵は通常営業してましたが、、
あっという間に11月が目前です。

今週末は、
佐伯市のイベントに食育推進会議メンバーとして
2日間、玄米スープを作って振る舞ってきます。
27日(土)は臨時休業いたしますが、
市役所駐車場広場へ、遊びに来てください〜 ^_^

そして、週明けの30日(火)は、
さいきあまべ食べる通信 vol.7 の発送のため、
ランチは「玄米カレー」のみとさせていただきます。

どうぞご了承ください m_ _m

11月の茶蔵

3日(土)臨時休業

18日(日)「船頭マチイチ」開催につき、オープンいたします

22日(木)「さいキッチン」講師にて、出張のため臨時休業

23日(金)「ハンドメイドコスメ W.S」開催

24日(土)臨時休業

※ご迷惑をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

2018-10-26 | event, info

ハンドメイド♡オーガニックコスメmia in 茶蔵

北九州の友人で、素敵な事業を切り盛りされている
山本由佳さんがこの夏「オーガニックコスメmia」
を立ち上げられました。

お肌の乾燥する冬に向けて、、
満を持してのハンドメイドコスメ製作会開催します!

以下、山本さんからのご案内です。

ハンドメイド♡オーガニックコスメmia in 茶蔵

2018/11/23(金)
開催時間 13:30〜18:00
最終受付 17:30

ご縁のある大好きな町、佐伯で久しぶりに製作会をいたします。

上記の時間帯に山本がおりますので、
ご都合の良い時間をお知らせいただき、
お越しくださいね。先着順とさせていただきます。

同じ時間帯で人数が多すぎる場合は、
別の時間帯でお願いすることもあるかと思います。
ご理解頂けるとうれしいです🙏

参加費 : 製作するコスメの代金です。
当日、現金でお願いします。
なるべくお釣りのないようにして頂けると助かります。

⭐️コスメ製作料金
2000円…色なしリップ
2500円…色付きリップ
3500円…ルージュ、ファンデーション、チーク
5000円…リッチクリーム
*税別となります。ご了承ください。

そして、そして〜〜💕
コスメを製作しながら、せっかく茶蔵にきたんだから、
ゆったりしたいわ😘という方は別料金になりますが、
茶蔵さんの美味しいお飲み物を飲みながら
コスメ作りを楽しみましょう‼️🌈

先日、テレビ番組、めんたいワイドのキタ級遺産に
取り上げて頂きました〜〜その時の様子もちらっと😍

佐伯の皆さん💕こんな方はいらっしゃいませんか?

✅市販の口紅をぬると、唇の皮がむける
✅市販のファンデーションをつけていると、
夕方になるにつれて、顔を洗いたくてたまらなくなる
✅化粧品が全て合わない
✅でも、本当はメーク楽しみたい

miaがお役に立てると思います♥️

参加の方は、
facebookイベントページの参加ボタンを押して

作製したいもの、希望の時間帯を
山水輝製薬(093-953-7070)までお電話頂くか、
山本由佳または茶蔵のオーナーまでメッセージをくださいませ。

お待ちしております😘

2018-10-26 | event, info

さいキッチンってなんだ!?

大分市内で佐伯グルメを体験しよう!ということで、
佐伯の料理人が講師となって開催される「さいキッチン」。

料理のうんちく話しから、佐伯の見どころ味どころについて
和気あいあいとおしゃべりしながら調理します。

近くて遠い!?佐伯を、より身近に感じられるはず!

ということで、11月22日(木)
講師として参加することになりました^_^

***

★2018年11月22日(木)

時間:11:00~13:30

場所:ワザワザビル(wazawaza)レンタルキッチンeat
(大分市中央町3丁目5-16/ガレリア竹町西口)

参加費:1500円 先着順(15名限定)

講師:スローカフェ茶蔵 染矢弘子

内容:塩糀つくりと茶蔵流・糀を使った簡単料理教室

***

「塩糀づくり」と、
塩糀を使った茶蔵流の料理たち。

塩糀入り玄米ごはんの炊き方も伝授いたしますよ〜
ぜひご参加お待ちしてます。

お申し込み・詳しい内容は、下記リンク『佐伯大百科』へ

佐伯の味力を体験!料理教室「さいきッチン」大分市内で開催!

https://oita.keizai.biz/headline/1111/

2018-10-26 | event, info

食のまちづくりマルシェ

11月27日(土)28日(日)は、
佐伯市役所 駐車場広場にて
「食のまちづくりマルシェ」に参加します。

土曜は通常営業日ですが、
イベント参加のため「臨時休業」となります。

マルシェでは、佐伯ならではの
5種類のスープを
無料にて振る舞います。

ブイヤベース
やまんだしスープ
さいき味噌スープ
ベジブロススープ
玄米スープ

そのほかにも、佐伯のオーガニック農家さんの野菜や、
地元素材を加工した特産品などを販売するオーガニックマルシェ。

ムッシュ河野のシェフが教えてくれる「簡単料理教室」
海野ちえこさんの「野草教室」などなど、盛りだくさんの内容です。

ぜひ皆さんのお越しをお待ちしてます。
両日共、10時より開催です。

スープはなくなり次第終了となります。

2018-10-12 | colum

大分で会いましょう。vol.4 佐伯編

2018.10.10

大分で会いましょう。Vol.4

ゲストは、ソトコト編集長の指出さんと、
河原の漂流物をアートにされてるアーティストの、
淀川テクニック・柴田さん。
おふたりによるトークが、佐伯の遊志庵にて開催され、
その日のランチに、茶蔵へお越しいただきました。

とても楽しいひととき!
ありがとうございました。

茶蔵の本棚に置いてある「ソトコト」に、
指出さんのサインをいただきました!

大分で会いましょう


2018-10-03 | info

veggy vol,60 に掲載いただきました

ハッピー・ベジタリアン・ライフ「veggy」vol.60
ベジタブルカフェ 九州編 の企画ページにて、
スローカフェ・茶蔵、掲載していただきました!

書店にて買っていた全国誌だったので、
ご連絡いただいた時は驚きましたが、ありがたいです。

一緒に掲載されている大分のお店は、サッタヤードさん。
8月にやっと伺えて、お話しした後だったので、
勝手に親近感を覚えてます^_^;
 
本屋さんで見かけたら是非、手にとってみてください。
新たな発見のある雑誌です。

Facebook『veggy』

On Line『veggy』

2018-08-17 | event

船頭マチイチ「パーラー赤玉」OPEN !

暑い夏でしたが、今朝は空気がひんやりとしてました。

茶蔵では「漆ジャパン」「出前・結ふ」を開催。
個人的には、姪っ子たちが帰省したりと、
慌ただしい8月。

お盆がすぎて、ほっとする間も無く、
船頭マチイチが目前です ^_^;

2018年8月19日(日)

吉川ラヂオ体操 8時スタート
店舗出店時間はそれぞれですが、10時〜15時(予定)。

茶蔵の出店内容は、以前にもご紹介しましたが、最強コラボ!
さいきあまべたべる通信×ファーム・ハト場×ウエムラブレッド

鯖サンド、しらす玄米おむすびなど、地産地消メニューです。
Facebookページに詳しい内容を掲載してます。

パーラー赤玉

当日のMENU

<food>

*トルコ風・鯖サンド 500円
*しらす玄米おむすび(2個)500円

<drink>

*アイスコーヒー 500円
*梅ジュース 500円

*赤玉スプリッツァー 500円

 

※すべて税込価格。
※鯖サンドは、2つで900円(100円OFF)

できるだけ、地元食材の使用を心がけて作りました。

当日のお天気は「お出かけ日和」と今朝のニュース。
さいき・船頭マチイチへ、ぜひ遊びにきませんか〜。

マチイチHP
sendoumachiichi

2018-07-19 | event, info

お腹の底から整える・ひめトレエクササイズ

ベリーダンサー、アナヒタとのコラボイベント

ひめトレで、ぽっこりお腹を引き締める方法を習って、
茶蔵の玄米BENTOでデトックス()

昼と夜の部2度ありますので、
ご都合の良い時間にご参加しませんか?



スローカフェ・茶蔵 × 骨盤底筋トレーニング「ひめトレ」

「お腹の底から整える・ひめトレエクササイズ」
 ぽっこりお腹からスッキリお腹に!

 
日 時/2018年8月3日(金)
①10:00〜11:00 ②19:00〜20:00

会 場/スローカフェ・茶蔵(船頭町14−18)
定 員/各 5名
料 金/ 2,500円
(茶蔵BENTO 、ひめトレポールレンタル代  込み )

持ち物/動きやすい服装(デニム・スカート不可)
飲み物、タオル、
お持ちであればヨガマット(無くても大丈夫です)

=内 容=

【骨盤底筋についてのお話】
骨盤底筋って何?どこにあるの?
なぜぽっこりお腹になってしまうの?

【ストレッチポール®︎ひめトレを使ってエクササイズ】
スッキリお腹を目指したエクササイズをやっていきます。

【スローカフェ・茶蔵 特製 茶蔵BENTO】
終了後、店内で食べても、お持ち帰りでもOKのお弁当付
美味しい玄米をよく噛んで食べてお腹もスッキリ!

※妊娠中、産後3ヶ月以内の方、生理中で生理痛がある方はお控えください。
※駐車場は大手前有料駐車場をご利用ください。


=お申込・お問い合わせ=

ANAHITA Bellydance Troupe
MAIL: bellydance.anahita@gmail.com

アナヒタHP

 

2018-07-13 | event

「漆」で生活にうるおいを!

茶蔵10周年目のイベント三昧企画

『漆ジャパン』生活に『うるし』で潤いを!
〜漆で食べる玄米カレーと、漆のお話〜

2018年8月4日(土)
open 11:30 start 12:00〜
会費  2,500円(カレーランチ付き)

自然が生み出した天然の塗料「漆」について、どのくらい知ってますか?
料亭だった我が家には、蔵の中に漆器がたくさん眠っているのですが、実は私も「漆」について詳しいことを知りません。
古くから接着剤としても用いられていて、南部鉄器のツヤを保つために漆が塗られていたり、欠けたお皿を継ぐ「金継ぎ」も漆を使うのだとか。。

縄文時代の遺跡から発掘されたものもあるという「漆器」。
人々の生活の中に取り入れられ、日々に彩りを加えています。

しかし、、
日頃、漆器を使うのはちょっと、、という方も多いはず。

時代を越えて「民藝」が見直されている今、
「漆」に触れ合う機会をつくってみました。

『暑い夏には、辛いカレー!』

漆器で食べていただく料理は、「玄米カレー」です。
料理人は、堀由美さん。(実の姉です!)
柳川で人気を博したマクロビレストラン「ワム」にて、お手伝い経験あり。
普段の生活からマクロビアンで、お料理とお酒が大好きです。

そして料理に欠かせないのが器。姉の紹介で出会ったうつわ屋さんが「多く美や」といい、店主自らが目利きして全国から集めた「道具」を扱っています。

ご縁をいただいたのは、10数年前。茶蔵オープン前に宝来家にて道具の展示会を開催したこともあるので、当時ご購入いただいた方には「その後、道具の具合はいかがですか?」というつながりを大切にしての、今回の「漆の会」でもあります。

多く美やさんの商品。
茶蔵で愛用しているのは『お盆』と
カレーやチャーハンを食べていただく『スプーン』です。

 

 

今回メインとなる「川連漆器」の漆スプーン。

漆のスプーンの歴史は古く、正倉院にて使われていたとあるほど。「木を削り、漆を塗る」日本の伝統でもある漆塗りのスプーンは、日常生活の中でも使う頻度が高く、子どもからご年配の方に至るまで、安心して使える一品です。口に優しく、金属に比べて熱くはなく、大事に使っていただければ、十年は十分に保ち、欠けた場合は塗り直しすることでいつまでも愛用できるとのこと。茶蔵の漆スプーンも10年は余裕で使っていますが、口に馴染んでまだまだ健在です。

『漆ジャパン』生活にうるしで潤いを!講師は、佐賀県鳥栖市より『道具の多く美や』店主の渡邉 正美さんをお招きして、漆と漆器についてお話ししていただきます。

多く美やさん曰く、「漆=ジャパンと云われる所以を、ぜひ日本人には知っておいて欲しい」とのこと。数十年も前から、「漆の木」の減少を危惧し、植林活動を行う。現在は、育った漆の木から「漆を掻く」ワークショップなども開催。漆を身近に感じることのできる機会を増やす活動に取り組んでいます。

当日はどんなお話しが聞けるのか、お楽しみに。ご家庭にある「補修したい漆器」ご持参いただくと、修理してもらえるかも!?

『道具の多く美や』
創業:1982年(昭和57年)
主要取扱作家(順不同/敬称略):荒木 義隆・大泉 恵・大蔵 達雄・さら井 武仁(「さら」は、さんずいに新)・高橋 芳宣・中尾 万作・蓮 善隆・平泉 秀博・藤井 敬之・藤吉 憲典・正木 春蔵・山本 安朗

住所:佐賀県鳥栖市曽根崎町1229-2
TEL:0942-83-1941
FAX:0942-83-1961
http://www.dougu-takumiya.jp/

*お申し込み(要予約)
宝来家旅館/スローカフェ・茶蔵
tel,0972-22-0120

※前日8月3日までにお電話にてお申し込みください。
※参加人数に限りがあります。お早めにどうぞ。

漆とは(wikipediaより)

漆器(しっき)は、木や紙などに(うるし)を塗り重ねて作る工芸品である。日常品から高級品、食器、根付、または車体[1]までと様々な用途がある。狭義には「漆を塗った食器」の意味であるが、それに捉われない。漆を表面に塗ることで器物は格段に長持ちする。

ウルシから採れる加工した樹液をと言い、これを加工された素地(きじ:素材が木の場合には「木地」)に下地工程、塗り工程と、細かく挙げると30から40になる手順を経て漆器に仕上げていく。この工程は漆工と言われそれぞれに名前があり、生産地別で考え出された漆工も合わせると多岐にわたる。

1 2 3 4 5 8