toggle
2016-05-05

あつめ4と、四畳半と。

今回は、熊本・大分地震においての活動報告と、
震災チャリティーライブ「キヨシローナイト」(夜じゃないけど^_^;)
ライブレポ(?)です。

茶蔵も参加、協力させていただいた、
震災支援ユニット「あつめ4(よん)」

メンバーは、4名。
熊本に友人も多く、何かできることはないかな?と思っていた私の元に、東北の震災ボランティアにも行った、友人のOくんより連絡があり、「熊本まで、物資あつめて持って行く?」というので、「行く」と返事をしたのが4月17日(日)朝8時過ぎのことでした。そこに、佐伯市役所のGちゃんも駆けつけてくれて、3人で今からできることを話し合い、11時〜14時までに集められる物資を募って、それを車に乗せて水俣まで行くことになりました。(水俣Hub-Power 詳細はこちら

1日あつめて、運んだ後も、「もうあつめないんですか?」との問い合わせをいただき、翌日も定休日だったこともあり、茶蔵の駐車場にて、2日目の物資を募集。

物資を持ってきてくれたSっちが、只今ニート真っ最中とのことで、3日目以降、収集場所をチクタクテンポに移動して、窓口に!強力な助っ人となってくれました。

この4人で、ともかくひと月は動こう!と決意して、名付けたユニットが「あつめ4(よん)」です。(あつめ4詳細はこちら

しかし、そんなやる気のとこへ届いたのは「物資受入れ終了」の情報でした。

もちろん、物資が足りてきたことは良い話な訳で、、異論はありません。
でも、まだできることがあるはずよねーって、由布市へ物資を持ち込んだ際に、現状やボランティアについて聞いてみたりしましたが、ボランティアは足りているとのこと。ひとまず「あつめ4」の活動は休止となったのでした。

それでも余震は続き、熊本では避難生活を送る人の姿は、連日ニュースに映し出されています。そこへ、「四畳半」のメンバーから、茶蔵で震災チャリティーライブをやらせてもらえないかと言われ、即答でOK。しかも、忌野清志郎追悼ライブとは!嬉しい限りのお話し。(四畳半 詳細はこちら

そんな訳で、茶蔵での初の音楽イベントはサクッと決まり、開催されたのでした。

〜あつめ4 Facebookより〜(抜粋)

まだ、私達にできることはあります。

できることの一つとして、佐伯の音楽家である四畳半さんは復興支援のチャリティーイベントを主催することを選びました。想い、できること、ニーズ、これしかない。
当日のライブ売上(投げ銭形式)を全て熊本・大分地震の被災地へ義援金として送られます。
私達のできること、「思いやりを持って楽しむ」というGWの選択肢はいかがでしょうか?

佐伯キヨシローナイト
https://www.facebook.com/events/513378848869573/

***(以上抜粋終わり)


生まれてこのかた、
こんなのんびりしたG.Wの別府、湯布院はみたことがない。
そんな非日常的な日常。

そんな中、キヨシローナイト(夜じゃないけど)は開催されました。
急遽開催の呼びかけに、大分県内の熱い思いをもったミュージシャンが声をあげてくれたそうです。どのバンドも、初めてお会いした方ばかりだったけど、心優しいミュージシャンたちでした。そして、本当に素敵なライブでした!!

四畳半と、あつめ4メンバー。
参加してくれた方々に、心から感謝です。

清志郎は永遠だね〜^_^

まだ今日も、朝から熊本は震度4。
佐伯も2度、揺れました。

1日も早く、余震が無くなり、
被災された方が、平穏な日常に戻れることを祈るばかりです。

13100917_1060304114042723_8364721806471938083_n13087805_1058273000894544_2396242267193756771_n13164379_1058305077558003_2088319820281851333_n-113139045_1058305127557998_347904192098888865_n13087700_1058305120891332_6145655835088496982_n13091964_1005424486159475_3336460024330623339_n13087464_1058818280840016_332763563545187935_n13087789_1058272994227878_4117289473543242452_n

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA