toggle
2017-05-12

小さく集う「いただきます」上映会

思い立って、小さなイベント開催 ^_^

5月16日(火)夕方から
映画「いただきます」上映会を茶蔵にて行います。

内容は、福岡市にある高取保育園の日常を追った
ドキュメンタリー映画。
キーワードは、
「食べたものが、わたしになる」
「みそをつくる、こどもたち」

以下、「いただきます」公式HPより

そこには、まるでタイムトリップしたような
懐かしい日本の子育てがありました。
それは、先人たちから引き継いだ”魂の育てかた”。
日本の伝統的な「食養生 医食同源」に基づいた給食の献立は、
玄米、みそ汁、納豆、旬の野菜料理です。
みそは、園児たち自らが、毎月、毎月、100キロ仕込みます。
梅ぼし、沢庵、高菜漬けなども手づくりです。
アトピーやアレルギーだった園児の多くが、元気に巣立っていきました。
30年続く高取の「和食給食スタイル」は、教育視察を通して日本中に広まりました。
発酵学の第一人者である小泉武夫 東京農業大学名誉教授が、
伝統和食に込められた先人たちの英知を、わかりやすく説き明かしていきます。
「家庭の和食」「手づくりみそ」が、本作の主役なのです。


茶蔵の本棚にも、高取保育園の給食レシピ本を置いてます。
興味ある方のご参加、お待ちしてます。

開始時間、内容など、ただいま検討中〜。
詳細は、お問い合わせください ^_^
tel,0972-22-0120(slowcafe茶蔵)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA